• ホーム
  • トリキュラーが40代にもおすすめな理由について

トリキュラーが40代にもおすすめな理由について

トリキュラーは低用量ピルの1つで、自然な女性ホルモンの分泌に合わせ3段階の薬の配合になっています。
そのため副作用がほかの低用量ピルと比較すると比較的少ないとされています。
正しく使用することで高い避妊の効果や子宮系の病気の治療、月経前症候群の改善などに役立てることが出来ます。
ではこのようなトリキュラーがなぜ40代にもおすすめなのでしょうか。
女性は更年期と呼ばれる40代の後半頃から女性ホルモンの分泌が減少しだします。
それが原因で体調不良や精神的不調などを引き起こすのですが、これは更年期障害として広く知られています。
トリキュラーは女性ホルモンが配合されているので、更年期障害の治療に適しています。
外から女性ホルモンを摂取することで、改善を図るのです。
しかし更年期障害の治療だけでなく、40代になると昇進する機会もあり、社会で活躍している女性も頑張りどころでもあります。
その時に妊娠を避けたいと考えるのであれば、トリキュラーを使用し高い避妊効果を得ることが出来ます。
また女性ホルモンが減少することで子宮系の病気にもなりやすくなり、その治療の一環としてトリキュラーが選ばれたりもします。
トリキュラーがおすすめな理由は、幅広い年代の女性の助けになることです。
しかも本来の女性ホルモンの分泌に近づけるために3段階の薬の配合にしているので体にも馴染みやすいこともおすすめな理由でもあります。
もちろん薬との相性があるので副作用がひどく症状が治まらない人もいると思います。
その場合は他の低用量ピルを試すか、副作用を緩和する薬を処方してもらうことも1つの方法です。
それでもトリキュラーは多くの女性の強い味方になると言えるでしょう。